第一次産業向けの車は高値が付きやすい北海道

第一次産業向けの車は高値が付きやすい北海道

北海道というエリアでは、第一次産業の為の車が高く売れる傾向があるようです。
第一次産業というのは、いわゆる漁業や林業や農業などです。何か物を収穫するような産業ですね。それが非常に盛んなエリアなのです。中でも漁業と農業は、非常に盛んですね。

 

北海道では漁業用の車はよく売れる

 

まず前者の漁業なのですが、実は北海道は日本で一番盛んです。全国の中でもトップの生産高を誇っているエリアなのですね。要するに魚がよく採れる訳です。
という事は、そのエリアでは特定の車が高く売れる傾向があります。漁業の為の車などは売れやすいですね。冷凍用のトラックや、小型のトラックなどは魚を運搬するためにはよく用いられています。ですので漁業向けの車を売却したいと考えているならば、北海道エリアに注目をしてみるのは悪くない選択肢でしょう

 

農業用の車も高く売れやすい

 

次に後者の農業ですが、実は北海道は農業も非常に盛んです。前述のように漁業は日本でトップなのですが、農業もトップなのです。第一次産業が本当に盛んなエリアなのですね。
という事は、やはり農業用の車も重宝される傾向があるでしょう。トラクターや小型のトラックなどは、その地域ではやはり高い値段が付きやすいかと思います。このため農業用の車を保有している方の場合は、やはり北海道エリアに注目をしてみるのが良いですね。
ただし本州に住んでいる方が、わざわざ北海道のお店まで農業用の車を運搬するのは現実的ではありません。むしろ北海道にある業者から、出張に来てもらう方が良いのではないでしょうか。北海道には遠方まで出張に来てくれる業者もありますので、ちょっと探してみると良いと思います。
また一括査定を用いるのも悪くないですね。一括査定は出張が前提になりますので、北海道に拠点を構えている複数の業者に依頼して、車を見てもらうのも悪くないでしょう。